バカラ 3枚目 ルール

オンラインカジノ 攻略法

バカラは2枚の合計の下一桁が大きい方が勝利します。
が、2枚目の合計の数値、バンカーかプレイヤーかなどで3枚目を追加で配るルールがあります。
このルールが意外とわかりずらい。

最初に断っておきますと、この3枚目ルールを知らなくてもバカラは楽しめます。理由はカードを配るのはディーラーだからです。
ですが、ルールを知ることで、プレイヤーがバンカーに比べて不利であり、バンカーにベットして勝った場合に5%のコミッション料(手数料)を支払うことも納得することができます。
また、何かわからないけど3枚目が配られ、最終的に勝ったとか負けたとかで一喜一憂するより、3枚目が配られたり、配られないことを理解した上で負けるあるいは勝つことは、少なからずその後のプレーにも影響があっても不思議ではないと思います。

各ケースがどうなるかの表があるのですが、それを覚えるのではなく、こうだからこうといった理屈が知りたい、そうすれば覚えなくても納得するからと思ったんですが見つかりませんでした。

そこで、極力覚えなくてよい覚え方なるものを自分なりにまとめてみました。
一言でまとめると、覚える情報をなるべく少なくて済むようにするにはどうするか?です。

まず押さえたい基本ルール

■プレイヤーとバンカーの組み合わせのルール
・プレイヤー・バンカーどちらかの2枚の合計に「8」または「9」が出たら、3枚目は配られない
・プレイヤー・バンカーともに2枚の合計が「6」か「7」が出たら3枚目は配られない
■プレイヤールール
・プレイヤーは2枚の合計値が「5」以下なら3枚目が配られる
■バンカールール
・バンカーは2枚の合計が2以下なら3枚目が配られる
バンカーは2枚の合計が「3」~「6」ならプレイヤーの数字で3枚目が配られるか決まる

この赤字の部分、ここが厄介です。
逆に言うと、それ以外をまず押さえておけば徐々に反復する中で配られたカードを見れば3枚目が配られるかどうかが分かるようになるかと思います。

残る赤字の部分。具体的には

バンカーの2枚目の合計=3⇒プレイヤーが「8」以外なら3枚目が配られる
バンカーの2枚目の合計=4⇒プレイヤーが「2」~「7」なら3枚目が配られる
バンカーの2枚目の合計=5⇒プレイヤーが「4」~「7」なら3枚目が配られる
バンカーの2枚目の合計=6⇒プレイヤーが「6」・「7」なら3枚目が配られる

参考になる2つの図が参考になります。

ゲームの流れ

2枚のカードと3枚目が配られるかどうかの判定表

コメント

タイトルとURLをコピーしました